ダイエット食品とは

食べるだけで痩せる効果をダイエット食品に求める方も少なくないでしょう。残念ながら日本で許可されているダイエット食品には食べるだけで痩せるダイエット食品は存在しません。
ダイエット食品とは、一般的にはカロリーを低く抑えた食品のことで、その使用目的により、ダイエット中に不足する栄養素を補うために栄養補助食品、1日の食事のうち数回を置き換えるミールリプレイスメントのための代替食品、間食の置換としての代替食の3種類に分類することができます。
また、美容目的のダイエットとは別に、糖尿病などの治療のためにカロリーコントロールを行うダイエット食品もあります。糖尿病治療のためのダイエット食品の場合、カロリーだけではなく、その食品を摂取した場合の血糖値の上昇度合を現すGI値も考慮する必要があるため、GI値の低い食材を使い、GI値を表記したダイエット食品などもあります。
さらに、代謝を促進する成分を配合したダイエット食品などもあり、マグネシウムやカプサイシンなどがそれに該当します。
このようにダイエット食品の高機能化が進んでいますが、食べれば痩せるというものではなく、栄養価やカロリー、GI値を調整した食品がダイエット食品です。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 失敗しないダイエット食品の使い方. All Rights Reserved.