ダイエット食品の使い方いろいろ

ダイエット食品を使ったダイエットの方法として3種類ほど紹介します。
一つ目が栄養補助食品としての利用方法で、日常の消費エネルギーが少ない方がダイエットをする場合に、極端に食事の摂取量を減らしてしまうと、脂質や炭水化物は低く抑えることができますが、必要なタンパク質や繊維質、ビタミン、ミネラルなどの摂取量も減ってしまうことになります。そこで、脂質や炭水化物のカロリー量を抑えたダイエット食品を栄養補助とて用いる方法です。
次に、食事を減らすのではなく、1日の食事の内1、2食を栄養バランスのとれた低カロリーのダイエット食品に置き換える、ミールリプレイスメントという方法で、従来通り3食しっかり食べることができる無理のないダイエット方法です。
最後に、間食などをやめられない方向きの方法として、間食の代替えに低カロリーのダイエット食品を使う方法です。最近はお菓子感覚のものも多くでていますので、高カロリーのお菓子の代替えとして無理なく使えます。
さらに、最新の研究成果によると、大豆イソフラボンに食欲抑制効果があることが分かっており、大豆を主原料としたサプリメントや栄養補助食品などを食事の前に摂取した食欲を抑制することでダイエット効果を狙う方法もあります。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 失敗しないダイエット食品の使い方. All Rights Reserved.