やってはいけないダイエット

健康的にダイエットを成功させるためには、食べ過ぎ、飲みすぎなどの日常の食習慣を改めることは当然ですが、夕食は軽め、脂質や炭水化物の摂取を控えるようにして、3食しっかり食べることが大切です。
また、食事だけの過度のダイエットをすると、脂肪が落ちる前に筋肉量が減ってしまい、結果として基礎代謝が低下してしまうことで太りやすい体質となってしまうので、適度な運動と組み合わせることが大切です。
これ以外にも、ダイエットをする場合にやってはいけないことが多くあります。
特定の食品や栄養素を避けたり、特定の食品しか食べないといったダイエットを行うと、栄養バランスを崩し、他の病気を誘発してかえって不健康な結果を招くことになりますので注意しましょう。また、「○○を食べると痩せる」などの科学的根拠のない情報によってダイエットを行った結果、健康被害が多発して社会問題となる事件が後を絶ちませんが、このような情報に惑わせられないように注意する必要があります。
さらに、保健機能食品を含めダイエット食品などの健康食品は医薬品ではありませんので、その効果については緩やかなものが多く、個人差もありますので、過度に期待をせず、効果がないからと言って多量に摂取したりすることは避けましょう。

注目コンテンツ

Copyright(c) 2011 失敗しないダイエット食品の使い方. All Rights Reserved.